経口的手術用リトラクター Oral surgical retractor

【研究目的】 より低圧な経口的手術用リトラクターの開発

共同研究:東京医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 清水 顕 先生

キーワード:低圧舌圧子,3次元動画解析,シミュレーション解析,口腔内手術

使用ツール:matlab,SolidWorks

1.研究背景


                retra1画像


2.実機検証

 より低圧な舌圧子を開発するために舌を押さえる部分の形を変形させたものを実験で検証し,どの形状が最も低圧になるか研究を行う.
実際にヒト相手に検証できないため実験はスポンジを舌とする.また,舌に接触する部分を3Dプリンタで様々な形状に作成し比較を行う.
形状は2次元の変更や3次元の変更を行い,動画解析を用いて結果を考察する.


          retra2画像


3.シミュレーション解析

実機実験と同じようにシミュレーションでも分析を行い,提案する舌圧子の考察を行う.
3DCADで設計した舌圧子を実機とシミュレーションの両面から分析する.シミュレーションでは実機にあわせた舌モデルをスポンジで行うものと,
人間の舌の物性値を与えた解析を行い,それぞれについて比較・考察を行う.


                retra3画像